東京電力エリア

アイ・グリッド・ソリューションズのスマ電が意外と高いという評判

スマ電の電気代は高いのか?

スマ電は意外と電気代が高い

スマ電は株式会社アイ・グリッド・ソリューションズが展開する新電力です。

株式会社アイ・グリッド・ソリューションズは伊藤忠商事が主要株主に名前を連ね、企業の背景としては申し分ない新電力会社ですが、その株式会社アイ・グリッド・ソリューションズのスマ電が思っていたより電気代が高いという評判。

スマ電は中小のスーパーと提携し、日常の近くで電気が買えるということをコンセプトに展開していますが、新電力の割には電気代が高いという話も聞こえてきています。

それでは、スマ電は実際に高いのかを比較していきます。

東京電力・スマ電・熊本電力の電気電気料金比較

スマ電の【ぐーんと!スマ得ホームプラン】の電気料金を比較していきます。

東京電力・スマ電・熊本電力の電気料金表(従量電灯B相当)

料金詳細 東京電力 スマ電 熊本電力
基本料金 10A 286.00円    
15A 429.00円    
20A 572.00円    
30A 858.00円 858.00円  
40A 1,144.00円 894.00円 915.20円
50A 1,430.00円 930.00円 1,144.00円
60A 1,716.00円 1,216.00円 1,372.76円
電力量単価 0~120kwh 19.88円 19.76円 23.83円
121~200kwh 26.48円 25.87円 23.83円
200~300kwh 26.48円 25.87円 17.88円
301kwh~ 30.57円 25.97円 23.85円

スマ電の基本料金は東京電力より一定額がそれぞれ割引適用されています。

また電力量単価も使用量が増えるに連れて割引率を増加させているので、この時点では他の新電力よりも高くなる要素はありません。

熊本電力と比較すると第1段階では安い電力量単価となっていますが、121kwh以上は熊本電力が一番安い電力量単価となっています。

設定条件

契約アンペア:40A
使用電力量:450kwh
世帯人数:4名想定

東京電力の電気代

基本料金 1,144円
電気使用量料金 120kwh✕19.88円=2,385.6円
        180kwh✕26.00円=4,766.4円
        150kwh✕30.02円=4,585.5円 小計 11,737円

東京電力電気代合計 12,881円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

スマ電の電気代

基本料金 894円
電気使用量料金 120kwh✕19.76円=2,371円
        180kwh✕25.87円=4,656.6円
        150kwh✕25.97円=3,895.5円 小計 10,923円

スマ電電気代合計 11,817円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

熊本電力の電気代

基本料金 915.2円
電気使用量料金 120kwh✕23.83円=2,859円
          80kwh✕23.83円=1,906.4円
        100kwh✕17.88円=1,788円
        150kwh✕23.85円=3,577.5円 小計 10,131円

熊本電力電気代合計 11,046円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

東京電力・スマ電・熊本電力の電気代比較

電力会社名 電気代 差額 対東電削減割合
東京電力 12,881円 0円 0%
スマ電 11,817円 ▲1,064円 ▲8.3%
熊本電力 11,046円 ▲1,835円 ▲14.2%
 

東京電力からスマ電に切り替えた時の電気代差額はスマ電が月々1,064円安くなります。

東京電力から熊本電力に切り替えた時の電気代差額は熊本電力が月々1,835円安くなります。

削減割合は東京電力の電気代に対してスマ電は8.3%の削減

熊本電力が14.2%の削減割合になります。

東京電力からスマ電へ電気契約を切り替えると8.3%の電気代削減が可能です。

これまで紹介してきた新電力の中でも平均的な削減率となっているので、新電力として電気代が高いということはありません。

電気代の安さだけにこだわると熊本電力が一番安くなります。

熊本電力ロゴ

熊本電力ホームページ

ここまでは東京電力従量電灯Bプランと同じ料金プランを比較しましたが、続いて、従量電灯Cプランの比較をしていきます。

東京電力・スマ電・熊本電力の電気料金表(従量電灯C相当)

料金詳細 東京電力 スマ電 熊本電力
基本料金 1kVA当たり 286.00円 286.00円 286.00円
電力量単価 0~120kwh 19.88円 19.88円 23.83円
121~300kwh 26.48円 26.48円 23.83円
301kwh~ 30.57円 30.57円 24.16円

従量電灯Cは主に小規模の工場や店舗など、60Aを超える施設への料金メニューとなります。

東京電力と比較するとそれなりに電力量単価を低く設定していますが、熊本電力よりは高い電力量単価となっています。

スマ電では基本料金で契約容量によって一定額の割引を適用するようになっています。

契約容量 割引率
6~10kVA 8%割引
11~20kVA 10%割引
21kVA~ 12%割引

設定条件

契約アンペア:6kva
使用電力量:1,200kwh

東京電力の電気代

基本料金 1,716円
電気使用量料金 120kwh✕19.88円=2,385.6円
        180kwh✕26.48円=4,766.4円
        900kwh✕30.57円=27,513円 小計 34,665円

東京電力電気代合計 36,381円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

スマ電の電気代

基本料金 1,716円
電気使用量料金 120kwh✕19.88円=2,385.6円
        180kwh✕26.48円=4,766.4円
        900kwh✕30.57円=27,513円 小計 34,665円

スマ電電気代合計 36,381円(割引適用後 33,470円)

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

熊本電力の電気代

基本料金 1,716円
電気使用量料金 120kwh✕23.83円=2,859.6円
        180kwh✕23.83円=4,289.4円
        900kwh✕24.16円=21,744円 小計 28,893円

熊本電力電気代合計 30,609円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

東京電力・スマ電・熊本電力の電気代比較

電力会社名 電気代 差額 対東電削減割合
東京電力 36,381円 0円 0%
スマ電 33,470円 ▲2,910円 ▲8.0%
熊本電力 30,052円 ▲5,772円 ▲15.9%
 

東京電力からスマ電に切り替えた時の電気代差額はスマ電が月々2,910円安くなります。

東京電力から熊本電力に切り替えた時の電気代差額は熊本電力が月々5,772円安くなります。

削減割合は東京電力の電気代に対してスマ電が8.0%の削減

熊本電力が15.9%の削減割合になります。

今回も熊本電力が従量電灯Cでは電気代の削減額で優位となっています。

当サイトで設定条件としている中では東京電力エリアの中では熊本電力のしごと電気Cプラン(東京電力従量電灯C)が一番安いということを確認しています。

 

スーパーマーケット等の日常生活に近い場所で電気を買えるということをコンセプトとしているため、個人住宅向けのプランでは平均的な電気代削減が可能ですが、使用量の多い料金プラン向けでは他の新電力と比較して高い電気代となっています。

熊本電力ロゴ

熊本電力ホームページ

スマ電の評判やデメリット

スマ電の申込み方法

  • WEB申込
  • 郵送申込

いずれかの方法で申し込みが可能です。

近くのスーパーマーケットで【スマ電】を取り扱っているスーパーがあればスーパーの店頭からも申し込みができます。

スマ電申し込み画面

電気料金の支払い方法

  • 口座振替
  • クレジットカード払い

以上2種類の払込方法があります。

電気料金明細の発行

  • WEBでの確認
  • 郵送での確認

会員ページから確認できます。

郵送による請求明細書確認もできますが、月に100円(税抜き)の手数料が発生します。

スマ電の契約期間

契約期間の設定は契約日より半年間ごとの自動更新です。

スマ電の解約金

最初の6ヶ月をすぎると契約期間内に解約しても解約違約金は発生しません。

最初の6ヶ月未満の解約の場合は2,000円(税抜き)の解約手数料が発生します。

利用している人の声

毎月15日くらいに、前々月~前月の請求が来ます。

料金はちゃんと安くなりました。

一年続けたら1か月分くらいは浮く計算で嬉しい!クレジットカードで払って、ポイントも貯めてます。  

食材を買うのと同じように電気をスーパーマーケットで購入できる、というので、とても便利でお手軽だと思いました。 

それだけでなく、食材とセットで割引になったり、毎月キャンペーンで食材がプレゼントされたりと、家計に優しい割引や特典がいっぱいあるので、アイ・グリッド・ソリューションズの利用を決めました。 

供給地域

東京電力エリア、中部電力エリア、北陸電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア

スマ電のメリット・デメリット

スマ電のメリット

スマ電提携のスーパーマケット経由でオリジナル特典

スマ電が提携しているスーパーマーケットで契約するとスーパーごとにオリジナルの特典がついてきます。

スマ電のデメリット

提携スーパーマーケットが少ない

提携しているスーパーマーケットを経由してスマ電に申し込むと各スーパーオリジナルの特典がついてきますが、提携しているスーパーマーケットがまだ少ないために、オリジナル特典を受けることの地域が少ないです。

今後提携スーパーが拡大してくることを期待します。

まとめ

スマ電は株式会社アイ・グリッド・ソリューションズが展開する新電力です。

株式会社アイ・グリッド・ソリューションズは伊藤忠商事を中心に知名度の高い企業が株主に名前を連ねているので、企業としての信用は高いです。

スマ電の電気代については、新電力としては高いという声もありますが、個人住宅向けの電気料金プランであれば新電力として平均的な電気代削減額となっています。

ただし、使用量の多い家庭、店舗向けの料金プランは新電力としては高い電気代となっています。

スマ電提携のスーパーマケットを経由してスマ電に申し込みをすると各スーパーオリジナルの特典がついてきますが、提携のスーパーマケットが少ないのが今の課題となっています。

熊本電力ロゴ

熊本電力ホームページ