東京電力エリア

エルピオでんきが安いと評判!東京電力と電気料金を比較

エルピオでんき安い

エルピオでんきが安いと評判

エルピオでんきは株式会社エルピオが展開している新電力です。

株式会社エルピオは千葉県市川市に本社を構えるLPガス販売事業をメイン事業として歴史のある企業になります。

実はこの株式会社エルピオが運営する【エルピオでんき】の電気代が安いという評判があります。

今回は東京電力エリアの料金プランを東京電力の料金プランを比較します。

東京電力・エルピオ・熊本電力の電気電気料金比較

エルピオでんきの【スタンダードプランS】の電気料金を比較していきます。

東京電力・エルピオ・熊本電力の電気料金表(従量電灯B相当)

料金詳細 東京電力 エルピオ 熊本電力
基本料金 10A 286.00円    
15A 429.00円    
20A 572.00円    
30A 858.00円    
40A 1,144.00円 1,086.8円 915.20円
50A 1,430.00円 1,344.2円 1,144.00円
60A 1,716.00円 1,613.04円 1,372.76円
電力量単価 0~120kwh 19.88円 18.84円 23.83円
121~200kwh 26.48円 23.03円 23.83円
200~300kwh 26.48円 23.03円 17.88円
301kwh~ 30.57円 25.78円 23.85円

エルピオでんきは、契約アンペア数によって電力量単価が異なります。

40A、50Aは上記電力量単価となりますが、60Aは下記電力量単価となります。

60A契約時

電力量単価 0~120kwh 19.88円 18.65円 23.83円
121~200kwh 26.48円 23.03円 23.83円
200~300kwh 26.48円 23.03円 17.88円
301kwh~ 30.57円 25.78円 23.85円

0~120Kwhの範囲の電力量単価が少し引き下げになっています。

東京電力の料金プランと比較するとエルピオでんきであれば基本料金、電力量単価両方共東京電力よりも低い設定となっているので、この時点で電気代が引き下がることがわかります。

熊本電力と比較しても、見劣りしない電気料金設定となっているため、電気代削減額に期待できます。

設定条件

契約アンペア:40A
使用電力量:450kwh
世帯人数:4名想定

東京電力の電気代

基本料金 1,144円
電気使用量料金 120kwh✕19.88円=2,385.6円
        180kwh✕26.00円=4,766.4円
        150kwh✕30.02円=4,585.5円 小計 11,737円

東京電力電気代合計 12,881円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

エルピオでんきの電気代

基本料金 1,086.8円
電気使用量料金 120kwh✕18.84円=2,260円
        180kwh✕23.03円=4,145.4円
        150kwh✕25.78円=3,867円 小計 10,273円

エルピオでんき電気代合計 11,360円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

熊本電力の電気代

基本料金 915.2円
電気使用量料金 120kwh✕23.83円=2,859円
          80kwh✕23.83円=1,906.4円
        100kwh✕17.88円=1,788円
        150kwh✕23.85円=3,577.5円 小計 10,131円

熊本電力電気代合計 11,046円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

東京電力・エルピオ・熊本電力の電気代比較

電力会社名 電気代 差額 対東電削減割合
東京電力 12,881円 0円 0%
エルピオ 11,360円 ▲1,521円 ▲11.8%
熊本電力 11,046円 ▲1,834円 ▲14.2%
 

東京電力からエルピオでんきに切り替えた時の電気代差額はエルピオでんきが月々1,521円安くなります。

東京電力から熊本電力に切り替えた時の電気代差額は熊本電力が月々1,834円安くなります。

削減割合は東京電力の電気代に対してエルピオでんきは11.8%の削減

熊本電力が14.2%の削減割合になります。

東京電力からエルピオでんきへ電気契約を切り替えると11.8%の電気代削減が可能です。

これまで紹介してきた新電力会社の中ではかなり上位に食い込む電気代削減額となります。

東京電力エリアに限っては、当サイトで紹介している新電力会社の中でも熊本電力に続いて、2番目の削減額となっているのでエルピオでんきも新電力の中ではトップクラスに安い新電力と言えます。

電気代の安さだけにこだわると熊本電力が一番安くなります。

熊本電力ロゴ

熊本電力ホームページ

ここまでは東京電力従量電灯Bプランと同じ料金プランを比較しましたが、続いて、従量電灯Cプランの比較をしていきます。

東京電力・エルピオ・熊本電力の電気料金表(従量電灯C相当)

料金詳細 東京電力 エルピオ 熊本電力
基本料金 1kVA当たり 286.00円 268.84円 286.00円
電力量単価 0~120kwh 19.88円 18.69円 23.83円
121~300kwh 26.48円 23.3円 23.83円
301kwh 30.57円 25.78円 24.16円

従量電灯Cは主に小規模の工場や店舗など、60Aを超える施設への料金メニューとなります。

東京電力と比較するとエルピオでんきは電力量単価で東京電力より低い単価設定となっているので、従量電灯Cも大幅に安い電気代が期待できます。

設定条件

契約アンペア:6kva
使用電力量:1,200kwh

東京電力の電気代

基本料金 1,716円
電気使用量料金 120kwh✕19.88円=2,385.6円
        180kwh✕26.48円=4,766.4円
        900kwh✕30.57円=27,513円 小計 34,665円

東京電力電気代合計 36,381円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

エルピオでんきの電気代

基本料金 1,583.7円
電気使用量料金 120kwh✕18.69円=2,242.8円
        180kwh✕23.3円=4,194円
        900kwh✕25.78円=23,202円 小計 29,639円

エルピオでんき電気代合計 31,252円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

熊本電力の電気代

基本料金 1,716円
電気使用量料金 120kwh✕23.83円=2,859.6円
        180kwh✕23.83円=4,289.4円
        900kwh✕24.16円=21,744円 小計 28,893円

熊本電力電気代合計 30,609円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

東京電力・エルピオ・熊本電力の電気代比較

電力会社名 電気代 差額 対東電削減割合
東京電力 36,381円 0円 0%
エルピオ 31,252円 ▲5,129円 ▲14.1%
熊本電力 30,609円 ▲5,772円 ▲15.9%
 

東京電力からエルピオでんきに切り替えた時の電気代差額はエルピオでんきが月々5,129円安くなります。

東京電力から熊本電力に切り替えた時の電気代差額は熊本電力が月々5,772円安くなります。

削減割合は東京電力の電気代に対してエルピオでんきが14.1%の削減

熊本電力が15.9%の削減割合になります。

今回も熊本電力が従量電灯Cでは電気代の削減額で優位となっています。

当サイトで設定条件としている中では東京電力エリアの中では熊本電力のしごと電気Cプラン(東京電力従量電灯C)が一番安いということを確認しています。

しかし、エルピオでんきも熊本電力と比較してまったく遜色ないレベルの電気代削減額となっています。

ここまで熊本電力の削減額に匹敵する新電力はこれまで紹介してきていなかったので、エルピオでんきはトップクラスに電気代を削減できる新電力会社です。

熊本電力ロゴ

熊本電力ホームページ

エルピオでんきの評判やデメリット

エルピオでんきの申込み方法

  • WEB申込
  • 郵送申込

いずれかの方法で申し込みが可能です。

また、株式会社エルピオの各営業所でも申込みできます

エルピオでんき申し込み画面

電気料金の支払い方法

  • 口座振替
  • クレジットカード払い

以上2種類の払込方法があります。

電気料金明細の発行

  • WEBでの確認
  • 郵送確認

会員ページから確認できます。

郵送による検針票確認は手数料100円(税抜き)の手数料がかかります。

エルピオでんきの契約期間

契約期間の設定は契約日より1年間の自動更新です。

エルピオでんきの解約金

1年以内の契約期間内に解約しても解約違約金は発生しません。

利用している人の声

1年利用して約1万円節約になりました。
1万円安くなると嬉しいですね。 

ENEOSでんきからエルピオでんきに切り替えました。 電力自由化時は選択度が少なかったのでENEOSでんきへ

ちょいと冒険したつもりでエルピオでんきに切り替えましたが、正直切り替えて大正解でした! 
今年の猛暑 電気使用量を見たら驚き。

毎月はがきで使用量と料金が分かるのも便利です。ネットでも使用量が時間でわかるようになり大手と変わりなくサービスがあります。料金が安く抑えられたのは何よりです。 

300kWh超えの単価が25.3円なので、1663 (円)÷25.3 (円/kWh) = 65 (.kWh)
もし東電と同じ料金を払うと、あと65kWh余計に使えることになり、それは3~4日分の電気を貰えたということでしょう。 

供給地域

東京電力エリア、中部電力エリア、東北電力エリア、中国電力エリア、九州電力エリア

エルピオでんきのメリット・デメリット

エルピオでんきのメリット

安心駆けつけサービス

電気のトラブル時に24時間365日で点検、調査、応急処置をしてくれます。

60分以内の作業費は無料で、何度でも呼ぶことができます。

エルピオでんきのデメリット

特に無し

まとめ

エルピオでんきは東京電力エリアにおいて、トップクラスに電気代が安い新電力です。

LPガスの取り扱いもあるので、エルピオでんきにすればLPガスも電気代もセットで支払いが可能なので、管理も楽になります。

電気代が安いので、電気代の安さ以外の特典やオプションは少ないですが、少ない特典をはるかに凌ぐ電気代の安さが一番の魅力です。

熊本電力ロゴ

熊本電力ホームページ