中国電力エリア

Looopでんきの法人向けビジネスプランで電気代を削減する!

Looopでんきビジネス用プラン

Looopでんきはビジネスプランも話題

Looopでんきは個人向けの基本料金0円プランが話題ですが、実はビジネス向けのプランもあります。

個人向けの基本料金0円プラン同様に、ビジネスプランも基本料金0円。

これまでの料金プランである『基本料金+従量料金』という仕組みと比較するとLooopでんきのビジネスプランがどのくらい安くなるのかよくわかりません。

結論としてはLooopでんきのビジネスプランに切り替えることで電気代は削減されます。

では、どのくらいLooopでんきのビジネスプランによって電気代が削減されるのかを調べていきます。

Looopでんき

Looopでんきの電気料金分析

【東京電力エリア】Looopでんきのビジネスプラン料金表

エリア 基本料金 従量料金
北海道電力 0円 31.5円/kwh
東北電力 0円 27.5円/kwh
東京電力 0円 27.5円/kwh
中部電力 0円 27.5円/kwh
北陸電力 0円 22.4円/kwh
関西電力 0円 23.4円/kwh
中国電力 0円 25.4円/kwh
四国電力 0円 25.4円/kwh
九州電力 0円 24.4円/kwh

設定条件

契約アンペア:6kVA
電力使用量:1,200kwh

Looopでんき『ビジネスプラン』の電気代

基本料金   0 円
電気使用量料金  1,200kwh☓27.5円=33,000円

ビジネスプラン電気代合計 33,000円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含みません。

上記設定条件の時の東京電力エナジーパートナー『スタンダードL』の電気代は36,377円です。

東京電力エナジーパートナーから熊本電力に切り替えることで月々3,377円電気代が安くなります。
東京電力エナジーパートナーの料金対比で9.3%の電気代削減割合になります。

東京電力エリアでは以前熊本電力と東京電力エナジーパートナーの電気代比較をしましたが、同じ設定条件では熊本電力の削減割合が14%超でしたので、削減割合では熊本電力が大きいです

Looopでんきの特典

ビジネスプランにもソーラー割やLooopでんち割

ビジネスプランの電気契約をLooopでんきに切り替えると、Looopでんきから太陽光発電システムや蓄電池を購入した際の料金プランである『ソーラー割』『Looopでんち割』がビジネスプランにも適用されます。

この割引を適用することで、もしも事業所で太陽光発電システムの導入を検討段階であったり、すでに太陽光発電システムを導入済みであれば、Looopでんきを選択することで大幅に電気代を削減することもできます。

なぜなら、既に太陽光発電システムが稼働中であれば太陽光発電システムで作られた電気をLooopでんきに販売する約束をするか、太陽光発電システムや蓄電池を導入する際にLooopでんきから購入することで、最大5円の値引きが電気料金単価から引かれます。

では、もしも5円値引きになったら先程の条件でいくらになるのか。

27.5円→22.5円になりますので、1,200kwh✕22.5円=27,000円。

東京電力エナジーパートナーと比較すると9,377円の削減で削減割合は25.8%の削減割合になります。

月々の削減額で9千円を超えるので年間にすると10万円以上の削減も可能になります。

この削減割合であれば、どこの新電力も敵わなくなります。

太陽光発電システムや蓄電池の導入予定がある場合はLooopでんきへの切り替えも選択肢の一つです。

けつけるーぷで作業費無料

電気関連のトラブルに駆けつけてくれるサービスです。

コンセントが焦げたやブレーカーの調子が悪いといったトラブルに駆けつけてくれます。

作業費が60分以内だと無料です。

また、部品等が必要な場合は別途費用が発生する場合もあります。

無料部分以外に別途料金が発生する場合もありますが、緊急時にはあわてますよね。

そんな時に緊急駆けつけサービスがあると連絡先が決まっているのでもしものときの安心感はありますね。

また、サービス提供元はLooopでんきではなく、東京電力パワーグリッドなので、まさに電気の専門家が駆けつけてくれるサービスです。

Looopでんきのビジネスプランのデメリットや気になる評判

Looopでんきの申込み方法は?

WEBサイトからの申し込みに限定されています。
電話では受け付けてくれません。

電気代の支払い方法は?

クレジットカードのみとなっています。
法人であっても口座引落が利用できません。

法人カードがないと支払いができないのでここはデメリットになりそうです。

Looopでんき使ってみて評判どうなの?

  • 基本料金0円なので、電気が発生しない月は電気料が0円、無駄な電気代を支払わないで良い。
  • 解約金も0円なので、とりあえず電気代を安くしたい時にはLooopでんきにしておく
  • 窓口の方の対応が良かった。
  • 電気代の計算がシンプルでいい。

Looopでんきにとってデメリットになるような評判は見当たりません。

総じて高評価の意見が多いので、これからLooopでんきに申し込みしようとしている方も安心できます。

まとめ

ビジネス用プランを準備している新電力は個人向け用プランと比較すると多くありません。

その中で、基本料金0円プランを準備しているのがLooopでんきです。

他にも基本料金0円プランのビジネス用料金プランを展開している新電力はありますが、Looopでんきの特徴はソーラー割、Looopでんち割という割引をビジネス用プランにも適応しているところです。

法人単位で太陽光発電システムや蓄電池を設置している、もしくはこれから設置予定というところもありますよね。

そんな時、太陽光発電システムや蓄電池の導入だけではなく、導入によって電気代まで安くなるとプラスαでお得になりますよね。

もともと大手電力からLooopでんきに乗り換えるだけでも十分電気代の削減メリットが出るにもかかわらず、Looopでんき独自の割引制度はかなり電気代の削減には大きなメリットです。

Looopでんき