電力自由化関係

生活費の節約上手な家庭は気づけば貯蓄も貯まる理由

生活費を上手に節約できる家庭は無理なく貯められる

生活費って毎月どのくらいかかっていますか?

一般的に生活する上で発生するであろう費用といえば、電気代、ガス代、水道代、ガソリン代、交通費、通信費、食費、家賃、教育費、保険料、税金等生きていく上では必ずお金は出ていきます。

お金には色はついていないので、毎月毎月必要な支出がお財布から出ていきますが、実は、支出の種類をしっかりと理解することで無理なく貯められる家計へとすぐに変身することができるのです。

このポイントさえ知っていれば、無理な節約なんてしないでもすぐに貯められる家計を作ることができるようになります。

同じ費用でもタイプで分けてみる

お財布からお金が出ていくことは同じことですが、その費用のタイプをしっかりと把握することが必要です。

どのようにタイプを分けるかと言うと、自分でコントロールできる費用なのか、できない費用なのか。

自分でコントロールできる費用とは、自分の努力で支出を抑えることができる費用のことを言います。

先程の費用の中では、電気代、ガス代、水道代、ガソリン代、通信費、食費といった費用は自分の努力でその支出を抑えることができるので、自分でコントロールできる費用です。

一方、自分でコントロールできない費用とは、交通費、家賃、教育費、保険料、税金といった費用は自分でコントロール出来ないこともないけど、大きな見直しが必要という意味でコントロールが難しい費用になります。

では、どちらの費用から手を付ければよいか考えると、自分でコントロールできる費用の方が手っ取り早く節約できる費用になります。

自分でコントロールできない費用については、その節約については年単位で計画的に見直しをしていかないといけない費用になるので、少しづつ計画通りに進めていく必要があります。

まずはここを押さえて、次の節約ポイントへ進みます。

同質のものを安いところから調達に変えられないか

最近は通信にしても、電気にしても市場の自由化が進んできているので、同質のものをより安い企業へ変更することが簡単になってきています。

そこで、ここでのポイントは

どこで使っても同じモノであればより安いところがないか

これになります。

同じ質が担保されていて、だけど費用は格段に安くなるものは最近増えてきています。

最近話題になっているものであれば、通信費も以前の3大キャリアがほぼ独占状態から最近ではMVNOと言われる通信事業者がそのシェアを伸ばしているため、通信費を落とすこともそうそう難しくありません。

また、電気代やガス代も自由化が広がったおかげで、同じ電気をより安い価格で新電力会社から仕入れることもできるようになっています。

さらに、自動車保険もちょっと保険の知識が必要な部分もありますが、自分で手続をする通販型保険を選択することで、保険代理店経由で契約をする自動車保険よりもかなり安い金額の自動車保険に加入することができます。

同じ品質であるのに、仕入れる先を変えることで価格が安いモノは案外周りにありふれているのです。

一つ一つの積み重ねが強い家計を作る

一つ一つの節約が手元にお金残る家計をいつのまにか作ってくれます。

一つの費用を節約するだけでは効果は薄いかもしれません。

しかし、自由化が進んでいる費用項目を丁寧に比較して、見直しをかけていくといつの間にかに家計はスリム化されてきます。

生活の質は落とさず、特に努力もしていないのに、家計がスリム化されていることが一番理想的な節約の方法ですから、自由化が進んでいる費用項目であれば積極的に見直しを図っていくべきです。

個人的に一番効果があったのは通信費の見直しになります。

私は約3年前からそれまでのドコモからOCNのOCNモバイルONEという契約プランに変更をしていますが、年間で約5万円の節約なりました。

年間で5万円です、月々でも4千円支出が減っています。

金額として大きいですよね。

ドコモ時代と変わらず電話もネットも使えるのに、ただ契約先を変えるだけでこれだけの効果が出るんです。

まとめ

節約というと我慢というイメージが付きまといますが、我慢せずに気づけば家計がスリム化されていたということが可能なんです。

それを面倒くさがらずに調べるか、比較するかで無理せず節約ができる家計に生まれ変わることができます。

まずは、費用のタイプを区別する。

そして、同質で安くなるものがないかを考える。

この習慣を続けていくことでいつの間にかに家計はスリム化され、スリム化された分貯蓄も貯まりやすいようになってきます。

無理をする節約はどこかで我慢ができなくなることもありますが、無理せずにできる節約はどんどん進めていきましょう。

そんな無理をしない節約をこれからどしどし紹介していきます。