九州電力エリア

電気代が高い!下がらない!そんな時は熊本電力に乗り換えてみよう!

電気代が 高いと感じたら 熊本電力

電気代が高くて当たり前の時代

これまで大手電力会社によって低圧電力が供給されていた時代も2016年4月から電力自由化により低圧電力市場が多くの事業者に開放。

今では全体の電気供給量のうち10%を超えるまでに新電力会社のシェアが拡大してきています。

つい数年前までは地域の大手電力会社が低圧電力部門の電気供給をほぼ牛耳っていたので、『電気代は高い!』『電気代は下がらない!』『電気代は比較できない!』これが普通のことでした。

昔、引っ越しをした際には、新しいアパートの郵便受けに地域の大手電力会社の電気契約申込書が入っているのは当然の風景でしたが、今ではその風景は当たり前ではなくなってきています。

今、大手電力からの電気供給ではない、新電力から電気供給を受けることは『普通のコト』となってきつつあります。

新電力に乗り換えるとすぐに電気代が下がるのに、まだ乗り換えていないの?

そんな声も聞こえてくるような状況も見られてきています。

電気代が高い、電気代が下がらない、電気代は比較できない、こんな時代が昔あったことを異常に感じるまでに電力市場は自由化が進んできているので、『電気代が高くて当たり前』このイメージを今こそ脱ぎ捨てて、社会の変化を感じていきましょう!

電気代が高いと感じたら熊本電力へ乗り換え

電気代が高い、下がらない、と感じている時に一番手っ取り早く電気代を下げる方法は、新電力への乗り換えです。

毎日の節電努力無しに、電気代を下げられます。

なんとか電気代を下げようとして努力していた節電意識よりも、新電力に乗り換えることが一番の電気代削減につながります。

一方で毎日の節電意識は社会全体としては大事なことですが、世帯単位で考えると、電気代が下がることが一番メリットを感じやすいことです。

そこにさらに節電意識を高められれば二重で電気代の削減と環境への配慮ができるようになります。

そんな新電力への切り替え先として当サイトでは熊本電力をオススメしています。

熊本電力ロゴ

熊本電力ホームページ

熊本電力は現在の電気供給エリアが『九州電力エリア』と『東京電力エリア』の2ヶ所ののみとなっているので、供給エリアが限られてはいますが、供給エリア内であれば今一番安い新電力会社です。

東京電力エリアの方が熊本電力を利用するというのは抵抗感があることも想像できますが、そこは安心してください。

電気の仕組みは以前も当サイトで紹介したとおりに、『発電部門』『送配電部門』『小売部門』と3つの部門に別れており、大手電力会社から新電力会社へ乗り換えるのは、『小売部門』の部分のみを変更するということです。

電気の製造元、電気の流通、ここが変わることはなく、『電気の小売』ここの部分だけを変更するので、電気の質も電気の流れも変化するわけではありません。

近所の商店やスーパーが食品等を販売しているのと同じように、電気の小売によって新電力は事業を経営していることになります。

毎日のスーパーへの買い出しはだいたい同じスーパーを利用しますが、たまには目的の商品が見つからない時は他のスーパーを見に行ったりしますよね。

これと同じです。

契約する電力会社を変更するとなるととても大きな決断が必要なように感じますが、実は小売部分だけを変更することなので、毎日の食品の買い出しと同じように、どこでも売っているものを購入する先を変更するだけのことです。

ただし、同じ食品でもスーパーごとに販売価格が違います。

これと同じように同じ電気でも電力会社ごとに販売価格が異なるので、新電力へ切り替えると販売価格が安くなるということになります。

熊本電力が安くなる理由

熊本電力の経営努力

では、新電力の熊本電力から電気小売りをしてもらうとどうして安くなるのかと言うと、そこは各新電力会社の経営努力によります。

会社を経営する上では人件費から各種諸経費、そして会社経営で大切な利益を生み出していかないといけません。

この費用の圧縮をしつつ、事業を運営していけるだけの必要利益を確保するために必要な販売価格が各新電力会社が公表している電気料金プランということになるので、新電力会社の中でも飛び切りに安い電気料金プランを提示している熊本電力は、それだけの業務効率化や人件費の圧縮等の経営努力によって利益を確保しつつも格安の電気代を提示しているということになります。

電気料金プランで安い料金メニューを提示するには業務効率化や安い電源の確保というのが欠かすことができない要素となっています。

仮想通貨マイニングファームの運営

熊本電力では仮想通貨のマイニングファームを提供する『OZマイニング株式会社』も運営しています。

OZマイニング株式会社では、熊本電力の安い電気を仮想通貨のマイニングファームへ利用し、最適なマイニング環境を提供することを目的としています。

今では下火となってきましたが、仮想通貨のマイニングにはかなりの電気を使用するので、電気代を下げることは仮想通貨マイニングにとって重要なことです。

熊本電力が提供する電気代が安いからこそ、最適な仮想通貨のマイニング環境提供ということもできるということになります。

比較が面倒でも熊本電力なら間違いない!

電気代の安さを追求するにはどうしても新電力同士を比較していかないとどこが安い新電力会社なのかわかりません。

しかし、個人で各新電力会社の電気料金プランを比較していくにはとても時間がかかります。

最近は電力会社の比較サイトも増えてきているので、条件さえ入れてしまえば簡単に電気の削減額が出てきますが、比較サイトで気をつけないといけないのは、比較サイトが扱っていない新電力もたくさんあることです。

新電力は日本全体で数百社存在しており、比較サイトに掲載されている新電力はその内の一部です。

すべての新電力会社のプランを網羅しているわけではないので、本当に安い新電力を探すには自分で探すことが必要です。

熊本電力も、すべての比較サイトには掲載されていません。

私が熊本電力を見つけたのも、たまたま見つけたといっても言いくらい、比較サイトによっては扱っていない比較サイトも少なくありません。

また、比較サイトでは、一時的なアマゾンギフトプレゼントといった特典も電気代お得額に含んでいたり、電気代の削減だけではなく、ポイント割やセット割を含んでいる料金プランが提示されていたりするので、純粋に電気代の削減額が比較しにくいこともよくあります。

では、個人で新電力同士を比較すると電気料金プランの内容確認から、電気代の仕組みまで調べないといけないとなると、これは面倒となり、この『面倒』という気持ちが新電力の普及にとって大きな壁になっているようにも見えます。

その点、当サイトでオススメしている熊本電力は電気代の安さはどこの新電力にも負けない料金プランなので、面倒、時間がない、選べない、そんな方は迷わず熊本電力に申し込みしても安定の電気代削減が実現できます。

まとめ

電気代は高い、電気代は下がらない、電気代は比較できないという時代は昔のこととなり、今では新電力が全体の電気供給10%以上を担う時代になってきました。

この電気小売戦国時代とも言える今にあって、熊本電力は圧倒的な電気代の安さで契約数を伸ばしています。

九州電力エリア、東京電力エリアの両エリアにおいて、電気代の安さでは他新電力を圧倒しているので、新電力を比較するのは面倒、時間がない、仕組みがわからないという方にも乗り換えやすい新電力会社です。

また、九州電力エリア、東京電力エリア以外の電気供給エリアについては、当サイトでは『あしたでんき』をオススメしています。

九州電力エリア、東京電力エリア以外の方については『あしたでんき』も紹介していますのでこちらのページもご覧ください。