中部電力エリア

新電力代理店として報酬を得るなら熊本電力パートナーズが始めやすい

新電力代理店の存在意義

低圧電力向けの電力自由化がスタートして、現在までに新電力の電気供給シェアも10%を超えるまでに広がってきましたが、この新電力の広がりに欠かせないのが新電力各社の販売代理店の存在

現在、新電力会社間の熾烈な電力価格競争により、徐々に退場していく新電力会社や他社に買収される、子会社化されるという新電力会社も少しづつ出てきました。

そんな中で新電力会社にとって営業の最前線となってくれている新電力代理店ですが、新電力の契約獲得には大きな役割を持っています。

例えば、家庭向けの低圧電力契約で電気代が大幅に安くなるわけではないけれども、何故か全国的にシェアの高い新電力などはそのいい例です。

電気代の削減額では勝負できない代わりに、積極的な代理店の営業努力により、高いシェアを誇っている。

これを裏返して考えると、代理店の『大手電力よりは電気代が安くなる』という言葉だけを信じて、実はもっと安くなる新電力があるにもかかわらず、それ以上調べない消費者も多いということも言えるのですが、そのくらい新電力会社にとっての販売代理店の営業力というのは大事なものとなっています。

新電力代理店として報酬を得るには

そんな新電力代理店ですが、中にはまだ始まったばかりの低圧電力の電力自由化に自分もチャレンジしてみたいと考えている方もいるものと考えられます。

実際に新電力会社の代理店として活動を始めるには、まず、どこの新電力会社の代理店になるかを決めないといけません。

今や数百社以上ある新電力の中で、販売代理店を募集している新電力はいくらでもあります。

そして、新電力会社ごとに報酬の条件など大きく変わります。

ネット上ではハルエネでんきを展開している株式会社ハルエネの代理店報酬が高いという噂もありますが、代理店報酬の高さだけで決めてもいいのか、という問題もあります。

いくら代理店報酬が高いといっても、『選ばれる新電力』でなければ、高い報酬もそもそも発生しません。

新電力代理店として報酬を得ていくためには、『報酬の条件』と『新電力の競争力』、この2つのバランスを考えて代理店となる新電力を決定していかないといけません。

代理店を募集している新電力は大手新電力から地域に根ざした新電力まで幅広くあるので、興味を惹く新電力の代理店説明会にまずは参加することです。

気軽に始めるなら熊本電力パートナーズ

いざ新電力の代理店になるためには、新電力会社と自社との間で契約書などの取り交わしが必要であったり、代理店をスタートさせたが実際にどれくらいの報酬が得られるかといった心配もあるでしょう。

そんなちょっとした気持ちのハードルを下げる方法もあります。

気軽に新電力代理店を経験する。

どうすれば気軽に代理店を経験できるかというと、熊本電力パートナーズでそれができます。

熊本電力ロゴ

熊本電力公式ページ

熊本電力は当サイトで紹介しているように、エリアに置いてトップクラスの電気代削減が期待できる一方、『熊本電力パートナーズ』という熊本電力を新規契約者に紹介した紹介者に継続的な報酬が発生するプログラムが準備されています。

具体的には、発生した電気料金の1%が継続的に紹介者に報酬として毎月支払われるプログラムです。

代理店の仕組みと同じですよね。

このプログラムを利用するためには、熊本電力と電気契約を結ぶことが条件なので、まずは熊本電力と電気契約を結ぶことからスタートになります。

幸い、熊本電力は大幅な電気代削減ができる新電力のひとつなので、電気代は削減でき、さらに新電力代理店と同じ仕組みを利用できるというオプションもついてきます。

新電力の販売代理店経営を考えている方にはオススメです。

新電力代理店の報酬事情

熊本電力パートナーズの報酬は電気料金の1%ということなので、報酬の計算もシンプルです。

紹介社の電気使用料金が毎月1万円であれば、報酬は毎月100円。

紹介者が100名で、毎月100万円の電気使用料金があれば報酬は1万円となります。

100名紹介しても報酬は毎月1万円程度と考えるか、100名紹介すれば継続的に毎月1万円が報酬として入ってくると考えるかはそれぞれの考え方によって大きく変わります。

ただ、新電力代理店の報酬制度自体はこの報酬額と大きくは変わらないと考えると、熊本電力パートナーズで代理店の経験を積み、本格的に他社の新電力の代理店に加盟するもよし、熊本電力パートナーズで副業的に報酬を得るもよし、どちらの選択肢も可能です。

他社の新電力であれば、条件面も当然熊本電力パートナーズとは異なり、場合によってはかなりの好条件を提示している新電力会社も存在していることもあります。

また、スーパーやガス、ホームセンター、不動産関係等の比較的消費者に接する機会の多い業種であれば、本業の傍ら消費者に新電力を営業していくということも難しくないので、本格的に新電力で事業を運営していくというよりは、副業的に新電力代理店として稼いでいくという選択肢もあります。

アフターフォロー等の管理部分は親になる新電力にある程度まかせることができるので、新電力の販売代理店に加盟することについて、本業とするか副業とするかどちらでも導入はしやすいといえます。

まとめ

新電力代理店は新電力会社のシェア拡大のために重要な役割があります。

また、現在新電力の供給シェアは全体の10%超ということで、まだまだ新電力がその供給シェアを伸ばしていく伸びしろも期待でき、魅力的な市場にも感じられます。

ただし、新電力代理店の報酬は、一斉に稼げるほどの条件を引き出すには難しいのが現実です。

また、報酬が良くても、消費者に選ばれる新電力なのかの見極めも必要となります。

そんな新電力代理店への参入も、熊本電力パートナーズであれば、同じような代理店制度を気軽に始めることができるので、もしも将来的に新電力代理店への参入も考えている方には熊本電力パートナーズとの契約がオススメです。

本業として新電力代理店を始めるのか、今経営している本業の傍ら副業として新電力代理店を運営するのかは導入が手軽なので、まずは気軽に始められるところからチャレンジしてみるという選択もありです。

熊本電力ロゴ

熊本電力公式ページ