関西電力エリア

関西電力エリアでも熊本電力に申し込みできる!安い電気料金が評判

熊本電力が関西電力エリアにて申し込み受付開始

東京電力エリアと九州電力エリア、中部電力エリアの各地域で一番安い電気料金を誇る熊本電力が、中部電力エリアと一緒に関西電力エリアでも電気契約申し込み受付を開始しました。

関西電力といえば、0円料金プランを持つ新電力会社が比較的料金の安さが目立つエリアでしたが、今回熊本電力が参入してきたことで、一気にその状況が変わることになります。

それでは、実際どのくらい熊本電力の電気代が関西電力エリアに置いて価格破壊力を持っているかを、関西電力、熊本電力、ピタでんと比較していきます。

熊本電力についてはコチラも御覧ください

熊本電力公式ページ

熊本電力ロゴ

 

熊本電力・関西電力・ピタでんの電気料金比較

それでは、関西電力エリアにおける旧一般電力会社関西電力とこれまで関西電力エリアでは電気料金削減率1位とオススメしていたピタでんと熊本電力の電気料金単価を比較していきます。

電気料金単価比較(従量電灯A)

従量電灯A 区分 関西電力 熊本電力 ピタでん
基本料金 最低料金
(15kWhまで)
341.02円 0.00円 0.00円
電力量料金 ~120kWh 20.32円 22.00円 21.59円
121kWh~300kWh 25.80円 21.00円
301kWh~ 29.29円 19.00円

熊本電力は基本料金を0円設定としています。
その代わりに、最初の120kWhの電気料金単価は関西電力よりも高くなっています。

しかし、そのあとの段階では関西電力よりもかなり安い電気料金単価設定となっているため、一般的な家庭で使用する電気量を当てはめると、関西電力よりも大幅に安くなる料金設定となっています。

それでは、各電力会社の電気料金単価に当てはめて、実際の電気料金を比較していきます。

設定条件

契約アンペア数:40A
電気使用量:450kWh
※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含みません

関西電力の電気代

基本料金 341.00円(15kWhまで)
電気使用料金 105kw✕20.32円=2,133円
       180kw✕25.80円=4,644円
       150kw✕29.29円=4,393円 小計 11,171円

関西電力電気代合計 11,512円

※燃料調整費、再エネ賦課金は今回金額に含みません

熊本電力の電気代

基本料金 0円(15kWhまで)
電気使用料金 105kw✕22.00円=2,310円
       180kw✕21.00円=3,780円
       150kw✕19.00円=2,850円 小計 8,940円

熊本電力電気代合計 8,940円

※燃料調整費、再エネ賦課金は今回金額に含みません

ピタでんの電気代

基本料金 0.00円
電気使用料金 120kw✕21.59円=2,591円
       180kw✕21.59円=3,886円
       150kw✕21.59円=3,238円 小計 9,715円

ピタでん電気代合計 9,715円

※燃料調整費、再エネ賦課金は今回金額に含みません

関西電力・熊本電力・ピタでんの電気代比較

関西電力の電気料金と熊本電力、ピタでんの電気代の差額と削減割合を並べます。

電力会社名 電気代 差額 対中電削減割合
中部電力 11,512円 0円 0%
熊本電力 8,940円 ▲2,572円 ▲22.34%
ピタでん 9,715円 ▲1,797円 ▲15.6%

熊本電力が20%を超える電気代削減率となっています。

関西電力から熊本電力に切り替えるだけで電気代の差額は2,572円、削減割合にして22.34%の削減ができます。

また、現在新電力に切り替えている方も、熊本電力へ切り替えるだけでまだまだ電気代の削減ができることがわかります。

関西電力では新電力が電気代の安さで大健闘しているエリアですが、それ以上に熊本電力の電気代削減額が目立つ結果となっています。

続いて、電気使用量の多い従量電灯Cプランを比較していきます。

熊本電力公式ページ

熊本電力ロゴ

 

電気料金単価比較(従量電灯B)

料金詳細 関西電力 熊本電力 ピタでん
基本料金 1kVA当たり 396.00円 0.00円 11,200円
(500kwhまで)
電力量料金  ~120kWh 17.92円 22.00円 23.42円
(501kwh~)
121kWh~300kWh 21.21円
301kWh~ 24.21円

従量電灯Bプランでも熊本電力の基本料金は0円設定となっています。

熊本電力は2段階目までは関西電力より高い料金となりますが、その後の電気使用量については関西電力よりも安い電気料金単価となっているため、電気使用量の多い家庭や小規模事業所にとっては大きく電気代削減が期待できる設定となっています。

それでは設定条件にあわせて電気料金を比較していきます。

設定条件

契約アンペア:6kva
使用電力量:1,200kWh

関西電力の電気代

基本料金 2,376.00円
電気使用料金 120kw✕20.32円=2,438円
       180kw✕25.80円=4,644円
       900kw✕29.29円=26,361円 小計 33,443円

関西電力電気代合計 35,819円

※燃料調整費、再エネ賦課金は今回金額に含みません

熊本電力の電気代

基本料金 0円
電気使用料金 120kw✕22.00円=2,640円
       180kw✕22.00円=3,960円
       900kw✕22.00円=19,800円 小計 26,400円

熊本電力電気代合計 26,400円

※燃料調整費、再エネ賦課金は今回金額に含みません

ピタでんの電気代

基本料金 11,200円(500kwhまで)
電気使用料金 400kw✕23.42円=16,394円 小計 16,394円

ピタでん電気代合計 27,594円

※燃料調整費、再エネ賦課金は今回金額に含みません

関西電力・熊本電力・ピタでんの電気代比較

関西電力の電気料金と熊本電力、ピタでんの電気代の差額と削減割合を並べます。

電力会社名 電気代 差額 対中電削減割合
関西電力 35,819円 0円 0.00%
熊本電力 26,400円 9,419円 26.30%
ピタでん 27,594円 8,225円 22.96%

従量電灯Bプランでも熊本電力が20%を超える電気代削減率となっています。

関西電力から熊本電力に切り替えるだけで電気代の差額は9,419円、削減割合にして26.30%の削減ができます。

また、現在新電力に切り替えている方も、熊本電力へ切り替えるだけでまだまだ電気代の削減ができることがわかります。

ピタでんも熊本電力が参入するまで電気代が安くなると評価されていましたが、今回熊本電力が関西電力エリアに参入してくることで熊本電力の電気代の安さがさらに際立つ結果となっています。

熊本電力の評判とデメリット

熊本電力の申し込み方法

熊本電力はWEBサイトからの申し込み限定となっています。

熊本電力公式ページ

熊本電力ロゴ

 

電気料金の支払い方法

個人の方はクレジットカード支払いのみです。

法人の方は口座引落のみとなっています。

熊本電力の契約期間

契約期間は1年間の自動更新です。

熊本電力の解約金

個人の方は解約金は発生しません。

お試しで契約してみたい方にも安心です。

電気供給地域

九州電力エリア、東京電力エリア、2020年2月より中部電力エリア、関西電力エリアの4地域となっています。

熊本電力のメリット・デメリット

熊本電力のメリット

とにかく電気料金がどの供給エリアでもトップクラスに安いことが最大のメリットです。

また、熊本電力では卒FITの電気購入にも力を入れており、卒FITの買取価格でも各地域で高い購入単価を提示しており、これから固定買取価格制度が終了を控えている方にも卒FITの次の購入先として熊本電力はオススメできる新電力です。

熊本電力のデメリット

電気使用量をリアルタイムで確認したい方には現在電気使用量の確認メニューを準備中のため、リアルタイムでの電気使用量確認はできません。

熊本電力のまとめ

熊本電力が2020年2月より中部電力エリア、関西電力エリアでも電気供給を開始します。

現在供給している九州電力エリア、東京電力エリアでは一番に安いとも言える電気料金を武器に毎月着実に電気供給量を増やしていっています。

そして、今回中部電力エリアと関西電力エリアへの進出。

今後熊本電力が中部電力エリアでも関西電力エリアでも申し込みができるようになると、今回電気料金の比較をした結果からわかるように、新電力の選択先として一番オススメできる新電力となります。

また、熊本電力は卒FITの買取価格にも力を入れているため、熊本電力で安い電力を申し込み、売電価格は熊本電力にどこよりも高く買い取ってもらうというダブルでメリットの大きい新電力となります。

この機会に熊本電力を切り替え先の候補としてぜひ加えてみてください!
そのメリットの大きさにびっくりすること間違いなし!!

熊本電力公式ページ

熊本電力ロゴ