中部電力エリア

熊本電力の電気料単価は地域No1の安さと評判の理由

熊本電力の電気量単価は地域最安

熊本電力の電気料金は地域で一番安い料金設定と言うのはこれまでも紹介してきましたが、今回は、実際に我が家が熊本電力と契約してからの電気量削減額実績を紹介していきます。

その前に、改めて熊本電力と大手電力会社九州電力の電気料金単価がどのくらい違うのかを確認します。

熊本電力のおうち電気B(家庭向けプラン)の電気料金単価

区分 熊本電力
(おうち電気B)
九州電力
(従量電灯B)
割引率
基本料金 30A 445.50 891.00 50%割引
40A 594.00 1,188.00 50%割引
50A 594.00 1,485.00 60%割引
60A 712.80 1,782.00 60%割引
電力量料金(1kwh) ~120KWh 17.45 17.46 0.05%割引
121~200KWh 23.05 23.06 0.04%割引
201~300KWh 21.89 23.06 5%割引
301KWh~ 21.39 26.06 17.9%割引

上記電気料金単価は令和元年10月以降の料金表になります。

基本料金で九州電力より50%以上の割引率と電気使用量によって徐々に電気料金単価の割引率が高くなっているので、電気使用量の多い家庭ほど電気量削減の効果が高いことがわかります。

それでは、実際に1年を通じた我が家の電気料金削減状況をご紹介します。

熊本電力公式ページ

熊本電力ロゴ

 

熊本電力乗り換え後の電気料金削減額

我が家では2018年3月より熊本電力に変更していますが、今回は2018年4月から2019年3月までの電気料金削減額をご紹介します。

我が家の基本情報

家族構成:3名(私、妻、子)
平日日中:私・・・仕事
     妻・・・仕事
     子・・・学校

夫婦でフルタイムで働いているため、平日の日中はほぼ誰も家にはおらず、家にいる時間帯は夕方から明け方の朝までです。

週末及び祝日はほぼ一日誰かが在宅です。

3人家族ですが、平日の日中は不在の場合が多いので、比較て電気の使用量は少ない方です。

我が家の電気料金削減額

2018年4月~2019年3月

年月 熊本電力電気代 電気使用量 対九州電力
削減額
対九州電力
削減割合
2018年4月 7,261円 315kwh 639円 8.09%
2018年5月 6,949円 296kwh 565円 7.52%
2018年6月 7,686円 327kwh 694円 8.28%
2018年7月 7,418円 315kwh 639円 7.93%
2018年8月 9,570円 407kwh 1,065円 10.01%
2018年9月 6,904円 290kwh 557円 7.47%
2018年10月 6,962円 290kwh 557円 7.41%
2018年11月 6,329円 262kwh 524円 7.65%
2018年12月 8,403円 347kwh 787円 8.56%
2019年1月 9,300円 382kwh 949円 9.26%
2019年2月 7,963円 324kwh 680円 7.87%
2019年3月 7,002円 284kwh 550円 7.28%
合計 91,747円 3,839kwh 8,206円 8.21%

 

2019年4月~

年月 熊本電力電気代 電気使用量 対九州電力
削減額
対九州電力
削減割合
2019年4月 6,625円 272kwh 522円 7.30%
2019年5月 6,255円 257kwh 505円 7.47%
2019年6月 4,975円 205kwh 446円 8.23%
2019年7月 7,996円 331kwh 696円 8.01%
2019年8月 9,898円 413kwh 1,072円 9.77%
2019年9月 8,396円 351kwh 788円 8.58%
2019年10月 8,127円 341kwh 742円 8.37%
2019年11月        
2019年12月        
2020年1月        
2020年2月        
2020年3月        
合計 52,272円 2,170kwh 4,771円 8.36%

2018年度は年間で8,206円の電気代削減で対九州電力の料金と比較した時の削減割合は8.21%となっています。

2019年度は途中経過では2018年度と同程度の削減割合となっています。

電気料金は毎年同じような使用電力量になるので、熊本電力の電気量料金単価が安いので、何もせずに、熊本電力に電気契約を乗り換えるだけで自然と電気料金は安くなります。

もともと電気使用量が少ない我が家でこれだけの削減額が出ているので、電気使用量がさらに多い家庭にとってはもっと大きな削減額が期待できます。

これが地域No1の電気料単価の安さを誇る熊本電力の削減額実績です。

熊本電力公式ページ

熊本電力ロゴ

 

熊本電力の気になる評判

熊本電力の電気料金単価が安いことは我が家の事例で説明できますが、熊本電力の気になる評判です。

実は、熊本電力の評判はかなり少ないです。

これはいい評判が多い、悪い評判が少ないということではなく、評判自体がネット上であまり見られません。

この評判が少ない理由として2つ上げられるます。

理由1 熊本電力は全国展開をしていない

これだけ地域でNo1の安さを実現している新電力なので、全国で紹介したいのですが、まだ全国展開していません。

現在電気供給をしている地域は九州電力管内と東京電力管内の2つのエリアでしか熊本電力は電気供給をしておらず、2019年の秋より全国エリアで供給を開始する予定とはなっていますが、まだ実現していません。

地域でNo1に安い電気料金を実現しており、この安い電気料金単価をこれまでの2つのエリアから一気に全国へ電気供給をエリアを広げるとすると、急激に供給先が増えることも予想されます。

顧客対応は新電力の評判に大きく影響する部分なので、万全の体制で全国展開を進めていって欲しいです。

理由2 新電力比較サイトを利用していない

熊本電力は独自のアフィリエイトプログラムである熊本電力パートナーズを展開してるためか、新電力の比較サイトへ公告を掲載していません。

大手新電力比較サイトであるエネチェンジを筆頭に多くの新電力の比較サイトはありますが、基本的に熊本電力は自社のホームページや提携している代理店及び電気契約者のみが利用できる熊本電力パートナーズに熊本電力の広報、営業を頼っているので、熊本電力自体の評判がネット上で見られる機会は全国の新電力の中ではどうしても少なくなります。

ということは、熊本電力とすでに2年近く契約を続けている私のような契約者の意見というのが直接熊本電力の評判として伝えることができます。

熊本電力の評判はこれから

熊本電力の電気料金単価が地域で一番安いということは熊本電力とその他の電力会社を比較するとすぐにわかることですが、まだまだ熊本電力はその他の新電力会社と比較すると知名度は低いです。

その証拠に、熊本電力に対する評判はネット上ではとても少なく、もちろん、そこには理由がありますが、今後電気小売りを全国展開させていく中で熊本電力の評判が数多く寄せられてくることが期待されます。

今は私のように熊本電力と契約をして実際に今でも利用している契約者の声を微力ながらに紹介することが唯一熊本電力の評判を伝えることとなっています。

熊本電力と契約することでどれだけのメリットを受けることができるか、当サイトではこまめに紹介はしていますが、今後広く伝わっていって欲しいです。

熊本電力公式ページ

熊本電力ロゴ