中部電力エリア

九州電力管内の卒FIT買取なら熊本電力一択の大きな理由

九州電力管内でも卒FITが注目

2009年よりスタートした太陽光発電の余剰電力買取制度ですが、いよいよ10年間の買取期間が終了する太陽光発電が出てきています。

余剰電力買取制度スタート当初は『買取期間が終了した後の太陽光発電の活用はどうなるだろうか』

そんな心配を抱えながらも、まずは高額の買取価格が設定されたことで、一気に太陽光発電を中心として買取制度の対象となる発電設備が広がっていきました。

あれから10年。

ついに買取期間が終了となる太陽光発電が出てきています。

当初より電力会社が買い取ってくれるだろうという見込みもありましたが、そのような想像以上に卒FITと言われる買取制度終了後の余剰電力買取は注目されています。

九州電力管内においても、もともと土地が安く、太陽光発電には適した地域であったため、巨大な太陽光発電システム、いわゆるメガソーラーと言われる太陽光発電システムが数多く設置され、さらに自宅を建築する際には当たり前のように屋根に太陽光発電が設置されている住宅も数多くあります。

これは九州電力管内で卒FITが注目されないわけがありません。

私の職場でも卒FITについて悩んでいる方がいるので、現在太陽光発電システムを運用している方にとっては『どこの卒FITがお得か?』というのは大きな話題になりますね。

そんな卒FITの買取でおすすめしたいのが、私も契約している熊本電力になります。

熊本電力公式ページ
熊本電力ロゴ

 

卒FITでも高額買取を提示している熊本電力

熊本電力はこのブログを一度見た方には御存知の通り、私がイチオシの新電力会社です。

なぜそこまで熊本電力をオススメしているかについては、こちらの記事を参考にして下さい。

シンプルに電気料金が地域で最安なのがオススメする最大の理由です。

そんな電気料金では地域最安の金額を提示している熊本電力ですが、次は卒FITでもやってくれています。

熊本電力は卒FITで地域最高額の買取価格を提示

自宅で契約する電気は安く販売してくれますが、仕入れの卒FITでは地域で一番高額で買取をしてくれます。

それで商売が成り立つんですか!?という驚きもありますが、さすが熊本電力です。

各電力会社がどのような卒FIT買取価格を提示しているか気になるところなので、九州電力地域の卒FIT買取価格がこちらです。

卒FIT買取価格

事業者 買取価格(円/kwh) 契約条件
熊本電力 12.00円/kwh 熊本電力の電気プランへ加入
新電力おおいた 10.00円/kwh ヒートポンプ式給湯機、または蓄電池で太陽光発電を自家消費すること。
JXTG 8.00円/kwh  
新出光 8.00or9.00円/kwh 9.00円/kwhはイデックスでんきの電気へ加入
西部ガス 8.00円/kwh 西部ガスの都市ガスプランへの加入
ミツウロコでんき 8.00円/kwh  
みやまんでんき 7.7or8.03円/kwh 買取価格7.70円/kWhはみやま市限定、8.03円/kWhは、みやまんでんきの電気プランへの加入が必須。
九州電力 7.00円/kwh  

熊本電力の卒FIT買取価格は熊本電力の電気プランへ加入するという条件はありますが、買取価格を12円/kwhで設定しているので、九州電力管内では一番高額で太陽光発電で作られた電気を買取してくれることがわかっています。

熊本電力公式ページ
熊本電力ロゴ

 

九州電力の設定している買取価格が7.00円/kwhと設定されているので、この買取価格を基準にして、各新電力会社は8.00円~10.00円あたりを買取価格としていますが、熊本電力は頭一つ抜き出た買取価格を設定しています。

発電出力を10kwh
月の平均電力量を1,000kwhと設定します。

熊本電力の場合

1,000kwh☓12.00円=12,000円

九州電力の場合

1,000kwh☓7.00円=7,000円

毎月5,000円の差がでてきます。

これを年間にすると60,000円も副収入に差が出てくることになります。

さらにうれしいことに、熊本電力は電気プラン契約でも九州電力最安の電気料金プランとなっています。

我が家では九州電力から熊本電力へ電気契約を変更したことで年間の電気料金が8,000円削減。

『卒FITの為にわざわざ熊本電力の電気料金プランを契約するのはちょっと・・・』

そんな声を持っている方でも、電気料金プランが九州電力管内でも最安ということを知れば、熊本電力を使い倒して誰よりもお得に、そして副収入を増やしたいとなりますよね。

ちょっと気になる熊本電力のデメリット

電気料金プランは九州電力管内で最安。

卒FITの買取価格は九州電力管内で最高価格。

そんないい事尽くめだと、デメリット部分も気になりますね。

私が熊本電力と電気契約を結んでから気になっているデメリット部分を正直に伝えるとすると、強いて言えば、対応が少し遅いと感じる部分はあります。

例えば、電気料金の使用量明細。

熊本電力ではマイページ上から明細を確認するのですが、データの反映が少し遅いと感じるところはあります。

これは私がせっかちな性格なので、気にならない人には全然気にならないところですけどね。

後は、私は抵抗感ないですが、基本的には熊本電力の手続きはネット上ですべてを完結させているので、ネットでのやり取りに不安を感じる方には少しハードルが上がるかもしれません。

ただし、できる限り人件費、固定費を下げて、よりよい電気料金、卒FITの高額買取価格を実現しているのもこのネットですべてを完結させる仕組みのためなので、この仕組にのれることができればかなりの実利を得ることができます。

九州電力管内で卒FITなら熊本電力

九州電力管内の卒FIT価格を見ていくと熊本電力が他の新電力を寄せ付けない高額買取価格を提示していることがわかります。

熊本電力では電気料金プランでも九州電力で最も安い電気料金プランを準備しているため、卒FITの為に熊本電力に乗り換えたとしても、電気料金プランと卒FIT両方で九州電力管内では最もメリットを受けることができる新電力会社です。

まだ九州電力の契約のままで新電力に乗り換えるか迷っている。

今すぐ熊本電力に乗り換えれば九州電力管内で最も安い電気料金プランで電気を使用できます。

卒FITでどこの電力会社に発電を売却すればいいか悩んでいる。

今すぐ熊本電力に卒FITを依頼すれば、九州電力管内で最も高い買取価格で発電量を買い取ってもらえます。

今選択できる中で一番メリットの大きい新電力会社として熊本電力は間違いのない新電力です。

熊本電力公式ページ
熊本電力ロゴ