中国電力エリア

卒FITに向けて蓄電池の設置するならLooopでんきがオススメ

卒FIT自家消費と自由契約

2019年度から固定買取制度が順次終了

再生可能エネルギーの拡大に向けて導入されてきた固定買取制度が2019年度より順次終了していきます。

制度がスタートしていち早く住宅に太陽光発電システムを取り付けた方は10年間の買い取り期間が2019年度に終了し、その後取り付け設置した順に今度は買い取り期間が順次終了していくので、今から買取制度終了後の取扱に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

この買い取り制度の終了は『卒FIT』と呼ばれていて、国としてもその後の取扱を検討されている段階です。

今後の取扱については不確定な部分もあるので、現在買取制度の終了後を不安に感じている方も多いでしょうが、まずは、大きく『卒FIT』に向けての国の取り組みを知っておくだけで、『卒FIT』後もスムーズに移行することができます。

卒FITに向けて取れる選択肢

卒FITの後については、2つの方法を選択できます。

一つは自家消費、もう一つが相対・自由契約の2つです。

自家消費

自家消費とは太陽光発電システムで作った電気を電気自動車や蓄電池・エコキュートと組み合わせて自家消費にまわす方法です。

今でも太陽光発電システムと蓄電池をセットで導入し、効率よく電気を作って、貯めて、消費するという仕組みを利用している方も少なくありませんが、今度は更に自家発電した電気の利用範囲を広げる方法です。

最近ではZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)と言われるエネルギー効率を高め、そしてエネルギーを創る、エネルギー消費の収支をゼロ以下にするという住宅の建築も推進されているので、再生エネルギーの利用範囲を広げるために、住宅そのものをZEHに回収するという手段もあります。

ZEHとは外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅

出典:資源エネルギー庁ウェブサイト

また、電気自動車やPHV(プラグインハイブリッド自動車)でも電気を消費する先として利用できるので、太陽光発電システムで創られた電気を電気自動車、PHVで利用する手段も取れます。

一番使いやすいのは、蓄電池を導入して、日中は蓄電池に電気を蓄え、夜間に蓄電池の電気を利用するという仕組みであれば、自宅の電気代の大きな部分は太陽光発電システムから供給することもできます。

相対・自由契約

相対・自由契約とは今現在は多くの固定買取制度は地域の大手電力会社に発電分の買い取りをされていますが、卒FIT後には個人で自由に発電された電気の売電先を選択することになります。

この時の売電価格は、今は固定買い取りなので金額は設置登録した年度によって固定買取金額が決まっていますが、相対・自由契約ではその売電価格は個別交渉になります。

今の固定買取金額よりは売電価格が下る可能性もありますが、発電した電気を買取金額が下がっても買い取ってもらった方が家計の足しにはなりますよね。

また、今後発電した電気を買い取る業者は徐々に増えてくるので、多くの業者の中からより高い金額で買い取ってくれる業者を選ぶことができれば、太陽光発電システムを設置した設備費以上に十分元を取ることができると考えられます。

せっかく創った電気をムダにすること無く、どこかで使われるためには自家消費、相対・自由契約のどちらかを選択しなければなりません。

卒FITに向けてLooopでんきのプランが魅力

そんな中、Looopでんきに卒FITに向けて魅力的な割引制度があります。

それは以前紹介したLooopでんきのLooopでんち割です。

その名の通り、株式会社Looopより蓄電池を導入することで、電力量料金単価から3円の割引を適用してくれる制度です。

蓄電池の導入により電気代自体が下がり、さらにLooopでんきで利用した電気代も通常の電気単価よりも3円割引となるので、より電気代の負担が少なくなります。

基本料金「0円」の【Looopでんき】料金シミュレーションはコチラ!

また、『あしたでんき』を展開するTRENDE株式会社もAIと蓄電池を活用した『あいでんき』を運営しています。

『あいでんき』は蓄電池の導入とAIによる電気の運用で、より効率よく電気を利用できるようにするプランで、卒FIT後の自家消費により踏み込んだ取り組みを展開しています。

また、TRENDE株式会社は東京電力グループのベンチャー電気小売業者なので、その企業背景も安心感があります。

あしたでんき

卒FITに向けての取り組み

今後2019年度の固定買取制度終了に向けて、買取期間の満了通知はいま電力を買い取っている電力会社から個別に通知が来ることとなっています。

終了予定の4ヶ月から6ヶ月前までに通知が届く予定となっており、その後、電力会社からの卒FIT後買取メニューは2019年4月以降に発表される予定となっているので、買取期間終了後に慌てて対応を取ることがないように、卒FITに向けた取り組みには注意しておきたいです。

卒FIT出典:資源エネルギー庁ウェブサイト

まとめ

2019年度はいよいよ固定買取制度が順次終了していく初年度となります。

今後卒FIT後の取り組みについては国を始め、各電力会社でも検討がされているところです。

これまでは設置、登録年度に応じた固定価格で売電がされていましたが、今後は個別で発電した電気の取扱を決めていかないといけません。

今選択できる選択肢は、自家消費か相対・自由契約のどちらかになります。

自宅の電気使用量が多い場合は自家消費がお得になる場合もありますし、電気使用量が少ない場合には自由契約として電力会社の購入価格で売電する方法というのも選択できる予定です。

終了期間が近づくに連れてその具体的な内容が判明してくるので、卒FITの情報には2019年度敏感になっておきたいですね。