関西電力エリア

eo電気のデメリットはeo光ネットとセットで契約しないと高くなる

eo電気

eo電気はeo光とセットでお得

eo電気は株式会社ケイ・オプティコムが展開する新電力です。

株式会社ケイ・オプティコムは関西電力エリアでは知名度が高いですが、それ以外の地域ではあまり知られていない。

しかし、mineo(マイネオ)という名称を聞いたことがある人はきっと多いはず。

格安SIM好きなら必ず聞いたことがあるmineo(マイネオ)を運営している会社が株式会社ケイ・オプティコムです。

しかも、株式会社ケイ・オプティコムは格安SIMと新電力を運営している企業ではなく、関西電力の子会社にあたるので、【eo電気】をはじめ【eo光ネット】【eoひかり電話】【eo光TV】【ガス】等多岐にわたる事業を展開しています。

そんな株式会社ケイ・オプティコムが展開するeo電気ですが、現在は関西電力エリアのみの電力供給を行っており、関西電力エリアの中では低圧電力部門で一定のシェアを誇っています。

eo電気の料金プランについて関西電力の従量電灯Aプラント比較して電気代の比較を行います。

eo電気の電気料金比較

eo電気の電気料金を比較していきます。

今回は関西電力の従量電灯Aプランとeo電気の料金単価を比較していきます。

関西電力の電気料金表

料金詳細 単位 料金単価
最低料金
(最初の15kwhまで)
1契約 341.02円
電力量
料金
15kwhをこえ120kwhまで 1kwh 20.32円
120kwhをこえ300kwhまで 25.80円
300kwh超過分 29.29円

 

eo電気のスタンダードプラン電気料金表(eo電気のみ利用)

料金詳細 単位 料金単価
基本料金 1契約 198円
電力量
料金
最初の15kwhまで 1kwh 5.80円
120kwhまで 20.32円
120kwhをこえ300kwhまで 25.31円
300kwh超過分 28.71円

eo電気ではeo電気のみを利用する場合とeo電気とeo光ネットをセットで利用している場合で料金表が異なります。

当然eo電気とeo光ネットをセットで利用するほうが電気料金も安くなる設定となっています。

eo電気のスタンダードプラン電気料金表(eo電気をeo光ネットを利用)

料金詳細 単位 料金単価
基本料金 1契約 0円
電力量
料金
最初の15kwhまで 1kwh 18.93円
120kwhまで 20.33円
120kwhをこえ300kwhまで 24.13円
300kwh超過分 27.83円

それぞれの関西電力とeo電気の料金表を比較すると料金体系が異なるため、どちらがどれだけ安くなるのかがわかりにくいです。

そこで、条件設定してから電気料金の比較を行います。

設定条件

契約アンペア:40A
使用電力量:450kwh
世帯人数:4名想定

関西電力の電気代

最低料金    341.02円(15kwhまで)
電気使用量料金 105kwh✕20.32円=2,133.6円
        180kwh✕25.80円=4,644円
        150kwh✕29.29円=4,393.5円 小計 11,171円

関西電力電気代合計 11,512円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

eo電気の電気代

基本料金       283.95kwh
(最初の15kwh)
電気使用量料金 105kwh✕20.33円=2,134.6円
        180kwh✕24.13円=4,343.4円
        150kwh✕27.83円=4,174.5円 小計 10,652円

eo電気電気代合計 10,937円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

上記計算はeo光ネットをセットで利用している時の料金表を利用して計算しています。

関西電力からeo電気に切り替えた時の電気代差額はeo電気が月々575円安くなります。

削減割合は関西電力の電気代に対して5.0%の削減割合になります。

当サイトで比較している新電力の中では高くない削減率となっています。

eo電気の気になる評判やデメリット

eo電気の申込み方法

電話申込とWEBからの申し込みができます。

もしも格安SIMのmineoを利用中でeoIDをお持ちなら同じアカウントから申し込みもできます。

以前はeo光ネットとセットでeo電気の申し込みが可能でしたが、2018年3月よりeo電気単独の申し込みも可能となっています。

WEBからの申し込みが苦手という方にも安心です。

eo電気申し込み画面

電気料金の支払い方法

  • 口座振替
  • クレジットカード払い

以上2種類の払込方法があります。

電気料金明細の発行

WEB上からeoマイページ内での確認になります。

eo電気の契約期間

1年間の最低利用期間が設定されています。

eo電気の解約金

最低利用期間内に解約した場合には3,000円(税抜)の解約清算金が発生します。

利用している人の声

都市ガスとeo電気(ケイ・オプティコム)を組み合わせることで割引があると言われて、契約をしました。これにしたことで、光熱費を抑えられるようになったのでうれしく思っています。

電気代と通信費の支払いをまとめることができるところが良いところだと思いました。また、固定費の管理が便利になるところについても良いところだと思いました。

eo電気に加入してからは、料金プランは非常にシンプルでわかりやすいので、よく理解できて助かりました。 

供給地域

関西電力エリア

eo電気のメリット・デメリット

eo電気のメリットはeo電気とeo光ネットをセットで利用すると電気代の料金単価がeo電気単独で利用するよりも安くなることです。

電気代は安くなり、さらに支払いをまとめることができるので管理が楽になります。

一方で、気をつけないといけないデメリット部分もあります。

eo電気は現在関西電力エリアのみの電気供給なので、関西電力エリア外へ引っ越すようなことがあった時に、継続利用することができなくなります。

さらに、1年未満の解約には解約清算金が発生することにも注意しておきたいです。

まとめ

eo電気はeo光ネットと同時にセットで利用することで電気代削減額のメリットを最大限に発揮します。

一方で、一定の電気使用量以上であればメリットは出てきますが、特に独身世帯などの電気使用量が少ない世帯であればあまりオススメはできません。