東京電力エリア

東京電力エリア限定のENEOSでんきは電気料金が魅力

ENEOSでんき

ENEOSでんきは電気料金が魅力

JXTGグループが展開するENEOSでんきは現在東京電力エリアのみ電気供給を行っている新電力です。

もちろん、東京電力エナジーパートナーからENEOSでんきに切り替えることで電気料金の削減が可能です。

さらに、ENEOSでんきの料金プランも他の新電力と比較した時に、結構良い料金プランとなっています。

一番に安い新電力とまでは言いませんが、トップクラスに電気料金が削減できる新電力の一つです。

会社の企業体としても超大手企業が展開しているのでいきなりENEOSでんきが倒産なんて心配もないでしょう。

【ENEOSでんき】4つのポイント

ENEOSでんきの料金プラン分析

ENEOSでんきのVプラン料金表

区分 料金単価(税込)
基本料金 
(1契約あたり)
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1,144.00円
50A 1,430.00円
60A 1,716.00円
電力量料金
(1kWhあたり)
第1段階料金
(~120kWhまで)
19.88円
第2段階料金
(121~300kWhまで)
24.54円
第3段階料金
(301kWh~)
26.22円

東京電力エナジーパートナーの従量電灯B料金表

区分 料金単価(税込)
基本料金 
(1契約あたり)
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1,144.00円
50A 1,430.00円
60A 1,716.00円
電力量料金
(1kWhあたり)
第1段階料金
(~120kWhまで)
19.88円
第2段階料金
(121~300kWhまで)
26.48円
第3段階料金
(301kWh~)
30.57円
最低月額料金 235.84円

設定条件

契約アンペア:40A
使用電力量:450kwh

4人世帯を想定

ENEOSでんきの電気代

基本料金     1,144円
電気使用量料金  120kwh☓19.88円=2,385.6円
         180kwh☓24.54円=4,417.2円
         150kwh☓26.22円=3,933円  小計 10,735円

ENEOSでんき電気代合計 11,880円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含みません。

東京電力エナジーパートナーの電気代

基本料金  1,144円

電力量料金:120kwh✕19.88円=2,385.6円
      180kwh✕26.48円=4,766.4円
      150kwh✕30.57円=4,585.5円 小計 11,737円

東京電力エナジーパートナー(TEPCO)電気代 12,881

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含みません。

東京電力エナジーパートナーからENEOSでんきに切り替えることで月々1,001円電気代が安くなります。

東京電力エナジーパートナーの料金に対して7.8%の削減割合になります。

以前、このブログで紹介した東京ガスの電気料金プランは、東京電力エナジーパートナーの料金と比較した時に5.9%の削減になりましたが、ENEOSでんきは東京ガスの料金プランをさらに2%上回る削減割合となりました。

熊本電力の削減割合が14.2%の削減となったので若干物足りないと感じるかもしれませんが、一般的な新電力では7.8%もの削減ができればかなり上位に食い込む削減割合になります。

熊本電力の削減割合が大きすぎて、ENEOSでんきの電気代の安さが薄まってしまいますね。

熊本電力ロゴ

熊本電力ホームページ

ENEOSでんきの追加お得情報

ENEOSカードの利用でガソリン、軽油、灯油が安くなる

ENEOSはもともとガソリンや軽油、灯油代をENEOSカードで支払いをするとリッター当たり1~2円、カードの種類によっては、最大リッター7円を割引してくれる割引オプションもありますが、それに加え、ENEOSでんきでもENEOSカードを利用して、電気代を支払うことによってガソリン、軽油、灯油がリッター当り1円安くなる特典があります。

もともとの割引に追加でリッター当たり1円安くなるので、ガソリン、軽油、灯油の使用量が多い家庭にとっては大きなメリットになりますね。

我が家では私と妻の車で月々100L車でガソリンを使用するので、これをENEOSカードで支払ったとすると、もともとのカード特典割引2円/Lに追加のENEOSでんき特典1円/Lを合算させて、月々で300円お得になります。

先程の電気削減割合にこの特典を追加で削減割合を計算すると、10.2%の削減割合にまで削減割合はアップします。

にねんとく2割を適用するともっと電気代が安くなる

2年間のENEOSでんき利用を約束すると、電気代がもっと安くなります。

1kwh当り、1~2年目は0.2円割引、さらに、3年目以降は0.3円の割引になります。

先程の月々450kwhで計算すると、月々1~2年目では90円、3年目以降は135円の電気代削減になります。

先程のENEOSカードの利用とにねんとく2割の削減額を合算し、削減割合を計算すると、削減割合は11.2%までアップ。

熊本電力の削減割合14.2%までかなり近づいてきました!

私が知る限り、熊本電力以外に削減割合が10%を超える新電力を今まで見たことがないので、ENEOSでんきはかなり電気料金に魅力がある新電力です。

ENEOSでんきの解約について

ENEOSでんきに切り替えたいけど、解約のときに問題が発生しないか気になる方もいるでしょう。

ENEOSでんきについては原則解約手数料は発生しません。

原則と書いているのは、1年未満で解約をした際に、ENEOSでんきが送配電会社から工事費等の精算金の請求を受けた場合にまれに当該費用を請求することがあると書いてあります。

よほどのことでは解約手数料は発生しないと考えて問題ないでしょう。

ただし、にねんとく2割の契約をしている方は、2年間の約束をしているため、この場合は途中解約金が1,100円発生します。

もし、にねんとく2割を契約している方は解約できる期間が契約後23ヶ月目、24ヶ月目が更新月となっているため、この期間中に他社への切り替えを検討しましょう。

途中解約金自体が1,100円なので、ENEOSでんきよりはるかに割引額が大きい新電力に乗り換えるのであれば、途中解約金を含めても、切り替えたほうがメリットが出るということもあるので、その際は細かく計算してみるといいですね。

例えば、熊本電力であれば、3ヶ月もすればENEOSでんきから熊本電力に切り替えた際の途中解約手数料分を熊本電力の電気代削減額で補うことができます。

熊本電力ロゴ

熊本電力ホームページ

まとめ

ENEOSでんきは、電気代の削減額も新電力の中ではトップクラス。

あわせて、ENEOSカードによる支払いやにねんとく2割の適用によって、東京電力エナジーパートナーからの切り替えで10%以上の費用削減メリットを受けることが出来ます。

これだけ費用削減のメリットを受けることができる新電力はかなり貴重です。

私の知る限りでは10%を超える削減メリットが出せるのは熊本電力のみです。

もしも、企業体としての信用度や安心安全を気にするのであればENEOSでんきの選択もありでしょう。

前回紹介した、KDDIのauでんきは、特に電気代の安さやポイント還元率に魅力を感じなかったので、全力で契約を止める内容となってしまいましたが、今回のENEOSでんきについては切り替えをオススメできる新電力の一つです。

ENEOSでんきは東京電力エリアのみの電気供給ですが、東京電力エリアに住んでいる方にとって、よりメリットの出る新電力の一つでしょう。

ENEOSでんき