電力自由化関係

今更聞けない電力自由化の歴史と仕組みメリット・デメリット

電力自由化

電力自由化の歴史

2016年4月より低圧電力部門の電力自由化が解禁され、今では新電力のシェアも全体の10%を超えるまでに広がってきましたが、そもそも電力自由化とはなんだったのか。

電力自由化は実は2016年4月よりずっと昔から進んでいました。

2016年4月からの電力自由化は『低圧電力』向けの電力自由化が解禁されるようになったということです。

実は、『高圧電力』向けの電力自由化は2000年3月より解禁されていたのです。

  1. 2003年3月 特別高圧という受電電圧20,000V以上で契約電力2,000kw以上の高圧部分が自由化
  2. 2004年4月 受電電圧6,000V、契約電力500kw以上の高圧大口の小売が自由化。
  3. 2016年4月 家庭、小規模店舗向けの低圧電力が自由化された。

これが電力自由化の歴史になります。

特別高圧や高圧電力では2000年代初期には電力自由化はスタートしていたんですね。

特別高圧、高圧電力となると大規模工場、ビル、ホテル、病院、福祉施設といった事業所で施設管理を担当しているような人であれば電力が自由化されているいうことも早い段階で認知されていたかもしれませんが、普段の日常生活の中で電力が自由化されているという情報はなかなか耳には入ってきませんよね。

そして、ようやく私達の日常生活にも大きく影響される『低圧電力』向けの電力自由化がスタートしたのが2016年4月ということになります。

続いて、一口に電力といっても、そもそも電力が供給される仕組みはどうなっているのか。

電力供給の仕組み

電力自由化後も電力の供給仕組みには変更はありません。

 

電力供給システムは大きく3つの部門にわかれています。

  1. 発電部門
  2. 送配電部門
  3. 小売部門

発電部門とは

発電所を運営し電気を作る。

参入は自由。

送配電部門とは

発電所から消費者までつながる送電線・配電線などの送配電ネットワークを管理。

ネットワーク全体で電力のバランス(周波数等)を調整し、停電を防ぎ、電気の安定供給を守る要となるのも、この部門。

安定供給の要のため今後も各地域の電力会社が担当。

小売部門

消費者と直接やりとりをし、料金メニューの設定や、契約手続などのサービスを行う。

消費者が必要とするだけの電力を発電部門から調達するのも、この部門の役割。

電力自由化によって参入が自由になった部門

それぞれ、3つの部門がその役割を果たすことで毎日電気は供給されています。

電力自由化によって参入が自由化されたのは小売部門なので、大手地域電力でも新電力でも電気の品質や信頼性は変わらないというのは送配電部門がしっかりと許可制の下管理されているためということになります。

これがわかれば大手地域電力から新電力会社への電気契約変更のハードルも下がりますね。

電力自由化によるメリット・デメリット

電力自由化によって私達消費者にも大きなメリットと自由化によってもたらされるデメリット部分が当然あります。

まずは、メリット部分です。

電力自由化のメリット

メリット1 時間帯別料金など多様な料金メニューと競争による電気料金削減

電気代の料金設定などが電力会社各社で工夫され、その料金メニューも自由に作られるようになります。

その代表的な料金プランが『基本料金0円プラン』や『時間帯別料金プラン』です。

基本料金0円プランはこれまでの『基本料金+電気使用料』という電気料金の体系とは全く異なり、『電気使用量?電気使用量単価』という、シンプルかつわかりやすい料金プランとして登場しました。

シンプルなので電気料金の計算も簡単で、電力会社の料金比較でも安くなるのか高くなるのかという比較も簡単にできるようになりました。

また、自然環境に興味がある方には自然エネルギーを中心として供給している料金プランも登場、ガスと通信の契約もまとめるとセットで安くなるセット割の登場など、自分のライフスタイルに合わせた料金プランを選択できる幅も広がってきています。

メリット2 電力会社を自由に選べる

大きく変わったのがこの点です。

昔は地域の大手電力会社一社が独占的に小売していましたが、今では自由に電力会社を選択できるようになりました。

近くに支店や本店がない電力会社であっても電気の供給エリアであれば簡単に電力契約ができます。

そして、電力会社間の乗り換えも簡単に。

この電力会社の選択も、電気代の安さだけを重視するのか、ガスや通信の利用料もまとめたいのか、安心や安全を求めるのか、それぞれの目的に応じて選択できるようになっています。

メリット3 省エネ診断や新しいサービスの登場

これまでは地域大手電力会社が提供していなければ、新しいサービスは生まれてきませんでした。

しかし、電力自由化の進展により新しい電力会社が続々と登場してくる中で、各社特徴のある取り組みを始める電力会社も現れてきました。

電気とAIを利用した電力会社、太陽光発電と蓄電池の組み合わせでより安い料金プランと提案する電力会社など、各社で特徴あるサービスを提供している電力会社が次々と登場してきています。

電気はただ機械や機器の動力だけではなく、電気を利用した情報サービスの供給など新しい時代に向けた取り組みが盛んになってきています。

以上が電力自由化によってもたらされた大きなメリット部分になります。

しかし、メリットが有る一方、当然デメリット部分もでてきます。

電力自由化のデメリット

デメリット1 料金プランが複雑で電気代が高くなることも

自由に電気料金プランが作れるようになったことで、一見電気代が安くなるように見えて、一定の条件下では変更前よりも電気代が高くなるようなこともあります。

再生可能エネルギーにこだわっているから電気料金が高くなるのはわかっている。

このような自分の目的に応じて電気料金が高くなる場合は納得の上での電気料金となりますが、もしも意図していない条件のもと電気料金が変更前よりも上がっていたとするとおもしろくありません。

選択できるプランが増えたことはメリット部分でもありますが、あまりにも複雑な料金プランの場合はそこにデメリット部分が隠れている可能性もあります。

デメリット2 電力会社の対応は大きく異なる

これまでは地域の大手電力会社がどの地域においても同じようにサービスを提供していましたが、電力会社が増えることで、各社電力会社の対応の質は大きく異なります。

メールで問い合わせた時にすぐ対応する電力会社もあれば、一週間、一ヶ月経っても返信がこない電力会社というのも珍しくないでしょう。

電力会社に直接問い合わせをする機会はあまりありませんが、いざ困った時に相談してすぐに対応してくれる電力会社なのか、見極めが難しいところがあります。

デメリット3 契約期間や違約金が電力会社で異なる

大手電力会社では決まった契約期間や違約金はありませんでしたが、新電力では契約期間や違約金が存在する新電力もあります。

契約期間中に解約した場合は違約金を徴収するとしている新電力会社であれば乗り換えを考えている時には解約の時期を気をつけておかないといけません。

また、これ以外にも電力会社各社でルールが存在しているので、契約する際には約款の内容をよく見ておくことが大事です。

電力自由化を上手に利用

電力自由化によって、たくさんのメリットが生まれたことはこれまで見てきて実感できることですが、それと同時によく知っておかないとデメリットとなることもあります。

電力自由化を上手に利用するには、その制度をよく理解することと、自分で調べることです。

大手電力会社であれば変なことはしないだろう、という意識はこれまであったので、そこが安心感となり安心安全に電気を利用してきたのがこれまでです。

もちろん、これからも大手電力会社を利用し続ければ同じように利用できますが、すでに大手電力会社の電気代が高いというのは新電力会社の料金プランを見れば一目瞭然となっています。

新電力への切り替えは面倒に感じることもありますが、しっかり理解して切り替えれば毎月の電気代を大きく削減することができます。

メリット・デメリットをよく理解して電力会社を選択していきましょう。