東京電力エリア

アースインフィニティは知名度は低いが積極的な勧誘でシェア拡大中

アースインフィニティ

アースインフィニティの積極的な勧誘

アースインフィニティは2002年7月に設立され、電子ブレーカーの特許も取得している企業です。

2016年4月より小売電気事業者としての許可も取得して新電力を展開していますが、アースインフィニティ自体はあまり知名度は高いとは言えません。

しかし、積極的な勧誘や営業活動によって着実にシェアを伸ばしています。

中には強引な営業行為によって悪い評判もたっていることもネット上では確認していますが、実際の電気代削減額について検証していきます。

東京電力・アースインフィニティ・熊本電力の電気電気料金比較

アースインフィニティの【プラチナプラン】の電気料金を比較していきます。

東京電力・アースインフィニティ・熊本電力の電気料金表(従量電灯B相当)

料金詳細 東京電力 アースインフィニティ 熊本電力
基本料金 10A 286.00円 286.00円  
15A 429.00円    
20A 572.00円 572.00円  
30A 858.00円 858.00円  
40A 1,144.00円 1,144.00円 898.56円
50A 1,430.00円 1,430.00円 1,123.20円
60A 1,716.00円 1,716.00円 1,347.80円
電力量単価 0~120kwh 19.88円 20.90円 23.83円
121~200kwh 26.48円 26.40円 23.83円
200~300kwh 26.48円 26.40円 17.88円
301kwh~ 30.57円 25.85円 23.85円

アースインフィニティでは301kwh以上は東京電力よりも大きく電力量単価を引き下げているので、電気使用量が多い世帯には電気代削減額で期待できますが、料金プラン表を見る限り使用電力量が少ないとあまり大きな電気代削減額は期待できません。

熊本電力と比較すると第1段階では安い電力量単価となっていますが、121kwh以上は熊本電力が一番安い電力量単価となっています。

設定条件

契約アンペア:40A
使用電力量:450kwh
世帯人数:4名想定

東京電力の電気代

基本料金 1,144円
電気使用量料金 120kwh✕19.88円=2,385.6円
        180kwh✕26.00円=4,766.4円
        150kwh✕30.02円=4,585.5円 小計 11,737円

東京電力電気代合計 12,881円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

アースインフィニティの電気代

基本料金 1,144円
電気使用量料金 120kwh✕20.9円=2,508円
        180kwh✕26.40円=4,752円
        150kwh✕25.85円=3,877.5円 小計 11,137円

アースインフィニティ電気代合計 12,281円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

熊本電力の電気代

基本料金 915.2円
電気使用量料金 120kwh✕23.83円=2,859円
          80kwh✕23.83円=1,906.4円
        100kwh✕17.88円=1,788円
        150kwh✕23.85円=3,577.5円 小計 10,131円

熊本電力電気代合計 11,046円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

東京電力・アースインフィニティ・熊本電力の電気代比較

電力会社名 電気代 差額 対東電削減割合
東京電力 12,881円 0円 0%
アースインフィニティ 12,281円 ▲600円 ▲4.7%
熊本電力 11,046円 ▲1,834円 ▲14.2%
 

東京電力からアースインフィニティに切り替えた時の電気代差額はアースインフィニティが月々600円安くなります。

東京電力から熊本電力に切り替えた時の電気代差額は熊本電力が月々1,834円安くなります。

削減割合は東京電力の電気代に対してアースインフィニティは4.7%の削減

熊本電力が14.2%の削減割合になります。

東京電力からアースインフィニティへ電気契約を切り替えると4.7%の電気代削減が可能です。

これまで紹介してきた新電力の中でも平均的な削減率となっているので、新電力として電気代が高いということはありません。

電気代の安さだけにこだわると熊本電力が一番安くなります。

熊本電力ロゴ

熊本電力ホームページ

ここまでは東京電力従量電灯Bプランと同じ料金プランを比較しましたが、続いて、従量電灯Cプランの比較をしていきます。

東京電力・アースインフィニティ・熊本電力の電気料金表(従量電灯C相当)

料金詳細 東京電力 アースインフィニティ 熊本電力
基本料金 1kVA当たり 286.00円 286.00円 286.00円
電力量単価 0~120kwh 19.88円 20.90円 23.83円
121~300kwh 26.48円 26.4円 23.83円
301kwh~ 30.57円 25.85円 24.16円

従量電灯Cは主に小規模の工場や店舗など、60Aを超える施設への料金メニューとなります。

東京電力と比較するとそれなりに電力量単価を低く設定していますが、熊本電力よりは高い電力量単価となっています。

アースインフィニティでは個人向けの料金プランと使用量の多い事業主社向けの料金プランの単価は同じに設定されています。

設定条件

契約アンペア:6kva
使用電力量:1,200kwh

東京電力の電気代

基本料金 1,716円
電気使用量料金 120kwh✕19.88円=2,385.6円
        180kwh✕26.48円=4,766.4円
        900kwh✕30.57円=27,513円 小計 34,665円

東京電力電気代合計 36,381円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

アースインフィニティの電気代

基本料金 1,716円
電気使用量料金 120kwh✕20.9円=2,508円
        180kwh✕26.4円=4,752円
        900kwh✕25.85円=23,265円 小計 30,525

アースインフィニティ電気代合計 32,241円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

熊本電力の電気代

基本料金 1,716円
電気使用量料金 120kwh✕23.83円=2,859.6円
        180kwh✕23.83円=4,289.4円
        900kwh✕24.16円=21,744円 小計 28,893円

熊本電力電気代合計 30,609円

※燃料調整費、再エネ賦課金は金額に含めません。

東京電力・アースインフィニティ・熊本電力の電気代比較

電力会社名 電気代 差額 対東電削減割合
東京電力 36,381円 0円 0%
アースインフィニティ 32,241円 ▲4,140円 ▲11.3%
熊本電力 30,609円 ▲5,772円 ▲15.9%
 

東京電力からアースインフィニティに切り替えた時の電気代差額はアースインフィニティが月々4,140円安くなります。

東京電力から熊本電力に切り替えた時の電気代差額は熊本電力が月々5,772円安くなります。

削減割合は東京電力の電気代に対してアースインフィニティが11.3%の削減

熊本電力が15.9%の削減割合になります。

今回も熊本電力が従量電灯Cでは電気代の削減額で優位となっています。

当サイトで設定条件としている中では東京電力エリアの中では熊本電力のしごと電気Cプラン(東京電力従量電灯C)が一番安いということを確認しています。

アースインフィニティは電気使用量が少ない個人向け料金プランでは今ひとつの電気代削減額でしたが、事業者向けの料金プランと比較すると大きく電気代を削減することが可能です。

世帯人数が多い世帯、個人事業主、小規模店舗や工場といった電気使用量が多い先であれば、アースインフィニティに切り替えることで電気代が大幅に下げることができます。

熊本電力ロゴ

熊本電力ホームページ

アースインフィニティの評判やデメリット

アースインフィニティの申込み方法

  • WEB申込
  • 電話申込

上記方法で申し込みが可能です。

一部ネット上では電気契約の勧誘でトラブルが起こっていることも見受けられるので、営業の電話がかかってきた時には対応に注意が必要です。

アースインフィニティ申し込み画面

電気料金の支払い方法

  • 口座振替
  • クレジットカード払い

以上2種類の払込方法があります。

電気料金明細の発行

  • WEBでの確認
  • 郵送での確認

会員ページから確認できます。

郵送による請求明細書確認もできますが、月に100円(税抜き)の手数料が発生します。

アースインフィニティの契約期間

契約期間の設定は契約日より1年間ごとの自動更新です。

アースインフィニティの解約金

契約期間内に解約しても解約違約金は発生しません。

利用している人の声

日曜日の午前中関西電力から料金の値下げをするのに手続きが必要という電話。

電気は関西電力だが請求元がアース電力という会社に変わるとのこと(HP有り、但しアースインフィニティという社名)。

検針表か請求書を準備するように言われ、手元にあると言うと担当者代わりお客さま番号、契約内容など聞かれた。  

供給地域

北海道電力エリア、東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、北陸電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア

アースインフィニティのメリット・デメリット

アースインフィニティのメリット

電気工事業ノウハウも保有

もともとが電気工事業としてのスタートなので、電気の小売だけではなく、電気についての技術もあります。

また、2010年には電子ブレーカーの特許も取得。

INAC神戸レオネッサを応援

女子プロサッカーでは有名なINAC神戸レオネッサを応援し、地域活性化にも貢献

アースインフィニティのデメリット

勧誘活動でトラブル事例あり

ネット上の口コミでは一部営業活動によるトラブル事例も見られます。

まとめ

アースインフィニティはもともとが電気工事業でスタートしている企業なので、電気に関わる技術もあり、新電力としてもシェアを拡大中です。

電気料金プランは、電気使用量の少ない個人向け料金プランではあまり大きな電気代削減は期待できませんが、電気使用量の比較的多い料金プランでは新電力の中でも平均レベル以上の電気代削減が可能です。

気になる点として、ネット上では営業活動にかかるトラブルも見受けられるので、意図しない営業電話などの勧誘があった際には、自分の意志で電気契約を切り替えるように気をつけたいです。

熊本電力ロゴ

熊本電力ホームページ