中国電力エリア

あしたでんきは東京電力の新電力ベンチャー企業として価格以外の魅力

あしたでんきは東京電力グループの新電力ベンチャー

あしたでんきはただの新電力ではない

前回の記事ではあしたでんきは同じ基本料金0円の新電力るーぷでんきの料金メニューよりも従量料金設定が安いということで、あしたでんきの電気供給エリアであればあしたでんきがオススメであるということを紹介しました。

あしたでんき

今注目のあしたでんきですが、実はただの新電力ではありません。

東京電力グループの中で新電力ベンチャー企業として位置づけられている新電力会社TREDE株式会社が運営しているのがこのあしたでんきになります。

あの国内電力会社最大手の東京電力グループがベンチャー的取り組みを始めるための会社としてTRENDE株式会社に出資し、現在あしたでんきを提供しているのです。

あしたでんきはただの新電力ではなく、バックグラウンドとして有力な企業が後押ししていることを見逃してはいけません。

実際に、株主の中には東京電力グループだけではなく石油元売り大手の昭和シェル石油も資本参加し、アドバイザーにも有名企業からの人材を集めているという豪華布陣。

これだけの背景を持っているあしたでんきのこれからが気にならないわけがありませんよね。

TEPCOの挑戦として蓄電池とaiを活用した料金プラン

TRENDE株式会社では『あしたでんき』とは別の料金プランとして、これまでの大手電力会社では踏み入れていなかった、蓄電池とaiを利用した料金プラン『あいでんき』を取り扱っています。

『あいでんき』は大手商社の伊藤忠とエヌエフ回路設計が提供する蓄電システム『SmartStarL』とグリッドシェアジャパンが提供する人工知能『グリッドシェア』を利用した専用料金プランになります。

『あいでんき』の料金プランは、現状では一定条件を満たした方にしか提供できないため詳細は公にはされていないものの、これまで地域独占で安泰した経営を続けてきた大手電力会社にしてとって一歩も二歩も踏み込んだチャレンジングな取り組みです。

なぜなら、大手電力会社は電気を作り、それを販売することで売上を伸ばしてきたわけですから、蓄電池が普及し、AIが電気の調整機能を担うようになれば、電気を作る需要は減少し、大手電力に取っては売上の減少にしかなりません。

それでも蓄電池とAIという組み合わせによる取り組みに踏み出すということは、電力会社として新たな収益構造を作ろうとしている取り組みの一巻であろうと考えます。

蓄電池とAIという今一番新しい取り組みをサービスとして受けることができるのが『あいでんき』であり、東京電力のベンチャー企業であるTRENDE株式会社の役割でもあるのでしょうね。

TRENDE株式会社の『ほっとでんき』もおもしろい

『あいでんき』も次の時代を見据えた取り組みとしておもしろいのですが、個人的にはまた別の料金プラン『ほっとでんき』にも注目しています。

『ほっとでんき』は初期費用0円でTRENDE株式会社が自宅に太陽光発電システムを設置し、そのかわりに電気代を10%か20%割引するというサービスです。

太陽光発電システムを設置するための場所代の代わりに電気代を割引しますよという料金プランになっています。

しかも、太陽光発電システムのメンテナンス代もTRENDE株式会社が負担し、割引率10%の料金プランは10年後、20%のの料金プランは20年後に太陽光発電システムを無料で譲渡されます。

ほっとでんき1

電気料金の割引率も高く、10年後20年後には太陽光発電システムが0円で譲渡されるということであれば、自宅を所有している方であれば検討するのもいいですね。

この料金プランの場合、中途解約時には太陽光発電システムを買い取りになる等長期的な視点で検討しないといけないので、慎重に検討する必要もありますが、料金プランとしてのおもしろさはあります。

他にもある太陽光発電システムを使った料金プラン

あしたでんきの料金プランとよく比較されやすいLooopでんきですが、Looopでんきでも太陽光発電システムを利用した料金プランが準備されています。

  • ソーラー割
  • ソーラー割L
  • Looopでんち割

この3つの料金プランについての内容は以下のとおりです。

  • ソーラー割は自宅の太陽光発電システムで発電した電気を一般送配電事業者を通してLooopに供給することを約束することでエリアごとの電気料単価からマイナス1円にする料金プラン。
  • ソーラー割Lは太陽光発電システムをLooopSolarより購入し、ソーラー割に追加してさらにマイナス1円にする料金プラン。
  • Looopでんち割はLooopより蓄電池を購入した方にエリアごとの電気料金単価からマイナス3円にする料金プラン
looopでんきソーラー割

Looopより太陽光発電システムと蓄電池を購入するとこの3つの割引を同時適用することもできるので、もしこの割引をすべて適用すると、Looopでんきの電気料金は驚異的な安さになります。

あしたでんきの『ほっとでんき』も魅力的ですが、同じ様にLooopでんきの太陽光発電システムを使った割引メニューもおもしろい取り組みですね。

Looopでんき

まとめ

東京電力グループの新電力ベンチャー企業TRENDE株式会社が展開する『あしたでんき』は、同じ基本料金0円料金プランのLooopでんきや楽天でんき、ソフトバンクの自然でんきと比較して、割安な料金設定が魅力の一つでしたが、掘り下げていくともっと面白い取り組みをしている会社です。

  • 蓄電池とAIを利用した料金プラン『あいでんき』
  • 電気代の削減に太陽光発電システムの無償譲渡もある『ほっとでんき』

これまで大手電力会社では取り組みしていなかった新しい料金プランを東京電力がTRENDE株式会社を通じて取り組んでいこうとしています。

電気代の削減だけではなくて、次の時代に向けた新しいプラスαの電力サービスを体験していみたい方にとって『あしたでんき』は新電力会社としてオススメの選択肢です。

あしたでんき